Brush Up Session


 AZsingersでは、より高度な技術や知識を団内だけでなく皆さまと共有することによって、日本国内での合唱文化や芸術性の向上に努めていきたいと考えております。

 様々な専門を持つメンバーが講師、指揮者、話手となり、月に1回のペースで「ブラッシュアップ・セッション」を開催いたしますので、皆さま奮ってご参加ください。

 

 ※参加申込みにつきましては、概要説明欄下部の申込フォームをご使用ください。
 ※過去のBuSのログはこちら


第2回 クワイヤブック形式で歌うM1

講師:渡辺研一郎

曲目:「Missa Hercules Dux Ferrarie」よりKyrie (Josquin des Prez)※本年度全日本合唱コンクール課題曲M1

 

概要: ルネサンス期の教会では、聖歌隊はクワイヤブックと呼ばれる大判の楽譜を共用しながらポリフォニーを演奏していました。またそこに書かれているのはいわゆる「スコア」ではなく、各パートのパート譜でした。

一人一冊の楽譜(スコア)を持つという現代の主流とは異なる当時の演奏スタイルを体感しながら、今年のM1を歌います。

 

日時:2018年5月25日(金)  19:00~21:00(受付18:45~)

場所:千早地域文化創造館 第1会議室(東京メトロ有楽町線千川駅)

参加費:2,000円

 

注意:

・女性もご参加可能です。

・曲目は追加となる場合があります。

 

Profile

1990年生。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。東京藝術大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了。グレゴリオ聖歌の初期の記譜法である「譜線無しネウマ」の研究論文により修士号 (音楽) 取得。

ピアノを小倉郁子、林苑子、志村泉、E.D.ヴァイスハールら、クラヴィコードを高橋尚子、グレゴリオ聖歌やポリフォニーといった中世・ルネサンス期の教会音楽の演奏法を花井哲郎、声楽を花井尚美の各氏に師事。

現在、アルベルネユーゲントコール、立教トリニティコール、行徳混声合唱団、常任ピアニスト。日本合唱協会 (室内合唱団「日唱」) ピアニスト。ヴォーカル・アンサンブル カペラ、メンバー。フォンス・フローリス古楽院講師。



コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


第3回 合唱ビギナーへ発声指導法・理論と実践

 

講師:黒川和伸

内容:合唱ビギナー(未経験者、新入生など)への発声指導法をテーマに、理論と実践両方の側面から検討していきます。

 

日時:2018年6月22日(金)  19:30~21:30(受付19:15~)

場所:未定(決まり次第お知らせします)

参加費:2,000円

 

注意:

・女性もご参加可能です。

・お申込みは、第2回終了後から受付いたします。

 

Profile

合唱指揮者。東京藝術大学大学院音楽教育専攻修了。東京藝術大学助手。VOCE ARMONICA指揮者として全日本合唱コンクール全国大会金賞、女声アンサンブルDolce指揮者として全日本おかあさんコーラス全国大会ひまわり賞受賞。日本合唱指揮者協会会員。千葉県合唱連盟理事。松戸市合唱連盟理事長。TOEIC860点/英検準1級